ドライスキン

ドライスキンは、お肌(皮膚)の角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常のレベルよりも減衰することで、肌の表皮から水分が揮発し、肌がパリパリに乾燥する症状を指します。
なおかつ、たるみに深く結びつくのが表情筋。これはいろいろな表情を作っている顔の筋肉のことです。肌のコラーゲンと同じく、表情筋の働きも年齢を重ねるに従い鈍化するのです。
美容の雑誌や本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、ダイエットにも良いし、デトックス作用、免疫力の向上などなど、リンパ液を流せば全部好転!というような内容の謳い文句が載っている。
リハビリメイクという言葉には、様々な身体の機能にダメージを負った人のリハビリと同様、外見にダメージを受けた人が社会復帰への第一歩として学ぶテクニックという意味を持っているのです。
「デトックス」という言葉そのものはそんなに目新しくはないが、これは間違いなく代替医療や健康法の一種に過ぎないのであり、医師が施す「治療行為」とは違うということを認知している人は少ないようだ。
湿疹などが出るアトピーとは「不特定な場所」という意味を持つギリシャ語の「アトポス」が由来で、「遺伝的な原因を持つ人だけに表出する即時型のアレルギー反応に基づいた病気」に対し名前が付けられたのである。
ほとんど慢性化するも、最適な手当によって病気が統制された状況に維持できれば、自然に治ってしまうこともあり得る病気だ。
健やかな皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は4週間のサイクルになっていて、いつも新しい細胞が作られ、1年365日取り去られています。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで人の皮膚は若々しさを保持しています。
日本皮膚科学会の判断指標は、@痒み、A独特の皮疹とその広がり方、B反復する慢性の経過、3点全部チェックが入るものを「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と言っています。
下まぶたに大きなたるみができた場合、男女を問わず全ての人が実年齢よりだいぶ年上に見えることでしょう。弛みは数あれど目の下は特に目につきます。
美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法によって容貌や外見を更にきれいに見せるために形作ることを指す。かつて江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたようである。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような症状とつながりがあるものの中で特に表皮の慢性的な症状(かゆみ等)が伴うものであり要は皮ふ過敏症のひとつなのである。
患者個々人によってお肌の質は異なりますし、先天的なものによるドライ肌なのか、それとも後天性のドライスキンなのかによって治療法を変えなければいけませんので、充分配慮を要します。
例えるなら…今、PCを見ながら頬杖をついていますか?実はこの体勢は掌の圧力を直接頬に与えて、皮膚に不要な負担をかけることに繋がっているのです。
私たちが「デトックス」に惹かれる大きな理由として思いつくのは、我々が暮らしている環境が汚れていることにある。空気や土壌は化学物質で汚染され、野菜などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がふんだんに使われていると実しやかに囁かれている。


このページの先頭へ戻る